暮しの手帖 1世紀  

古本 海ねこ トップページへ戻る

20号以前21号〜34号35号〜47号48号〜60号
61号〜74号75号〜87号88号〜100号5冊セット 帙つき・保存用帙(ちつ)



「帙」は「ちつ」と読みます。昔から、書物がいたむのを防ぐために考えられた一種のカバーのことをいいます。

暮しの手帖のバックナンバーを保存するために作られた保存用帙です。暮しの手帖がちょうど5冊、ぴったりおさまるようになっています。

堅い紙で作られていて、深みのある藍染めの布張り。藍色の紐2箇所で結ぶ形です。この題字も花森安治の手になるものです。号数が指定されているものでも、暮しの手帖第1世紀のほかの号にもぴったりです。



再入荷分、品切れ
暮しの手帖 保存用帙(ちつ)第1世紀 U 第11号ー第15号用 暮しの手帖社 当時の定価100円





暮しの手帖 保存用帙(ちつ)第1世紀 X 第26号ー第30号用 暮しの手帖社
2500円
背ヤケ・シミ 中側シミ 当時の定価100円



暮しの手帖 保存用帙(ちつ)第1世紀 Y 第31号ー第35号用 暮しの手帖社
2500円
背ヤケ・シミ 中側シミ 当時の定価100円



暮しの手帖 保存用帙(ちつ)第1世紀 XV 第41号ー第45号用 暮しの手帖社
1900円
背ヤケ・シミ ややヨゴレあり 中側シミ 当時の定価100円



品切れ 暮しの手帖 保存用帙(ちつ)第1世紀 W 第46号ー第50号用 暮しの手帖社
2300円
背ヤケ・シミ 中側シミ 当時の定価110円



暮しの手帖 保存用帙(ちつ)第1世紀 ] 第51号ー第55号用 暮しの手帖社
2000円
背ヤケ・シミ 中側シミ 背ラベルにペンで家のマーク書き入れ 当時の定価110円





暮しの手帖 保存用帙(ちつ)第1世紀 ]T 第56号ー第60号用 暮しの手帖社
2300円
背ヤケ・シミ 中側シミ 当時の定価110円





暮しの手帖 保存用帙(ちつ)第1世紀 ]U 第61号ー第65号用 暮しの手帖社
2000円
背ヤケ・シミ 中側シミ 当時の定価110円





品切れ 暮しの手帖 保存用帙(ちつ)第1世紀 ]V 第66号ー第70号用 暮しの手帖社
2300円
表紙ラベル・シミ 中側シミ 当時の定価110円



品切れ 暮しの手帖 保存用帙(ちつ)第1世紀 第91号ー第95号用 暮しの手帖社
1000円
 当時の定価130円



品切れ 暮しの手帖 保存用帙(ちつ)第1世紀 自由型 暮しの手帖社
2000円
表紙ラベル・シミ 中側シミ・ヤケ 当時の定価110円

第1世紀のものなら、号数にかかわらず5冊おさめられるタイプ。